2017年01月13日

姓名判断とは

 姓名判断とは、統計学的観点に立って見た場合、姓名の字画数の組み合わせにより、5格の数字により運命や運勢に多大の影響力をもたらしているため、負を改めることで運勢を好転させていくものである。

 幸(吉運)と不幸(凶運)にもその大・小の段階があり、それは「最大吉」「大吉」「吉」「特吉」「凶」「大凶」「最大凶」の7段階の区分ある。


 5格中に一つ吉運数があったとしても、他格に凶運数があれば、凶運に抑えられて吉運が消え去り、不運な人生を過ごすこととなる。

 逆に凶運を表す数があっても、他格に吉運数があれば安定することもあるが、吉運数と凶運数の宿命数が相殺されて、中途半端な人生となることもある。

 いずれにせよ、後述5格画数の中にひとつでも凶運数があったならば、全て吉運数に改名することが何より望ましいこととなる。

 姓名判断の5格画数による、人生を左右する吉・凶運の影響力は、およそ3割強程度と捉えているが、3割以上もの影響を及ぼす可能性があるとすれば、より早くより良い改善をする方がすばらしい人生を過ごせることとなろう。

 さらに、後述する「姓格・主格・名格による末尾数対応判断法」もすべて吉数としなければ、片手落ちとなり完璧とはならないことを注意いただきたい。

 5格画数をすべて吉数としたうえで、姓格・主格・名格による末尾数対応も吉数としなければならないので、次ページ以降を参照して漢字を探し改名していただきたい。

posted by 名づけ親 at 12:20| ●姓名判断とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank